豊川市 外構

ワンちゃんとの大切な時間を過ごすために。豊川市の庭リフォーム

木製の犬小屋。ドアが二つあり、小屋の中も二つの空間に分かれています。

木製の犬小屋

夏は日陰のコンクリートがひんやりとして気持ちいいようです。

コンクリートで涼むワンちゃん

犬小屋の周りは芝生を貼って夏場の照り返しを防止。

芝生の庭

コンセプト

愛犬と過ごす芝生のお庭と木製の犬小屋。 豊川市にて前庭のリフォームをさせていただきました。
愛犬家のS様ご家族のご要望は「ワンちゃんと一緒に快適に過ごせるお庭」です。
ワンちゃんが長い時間を過ごす犬小屋を中心にプランを考えていきました。古い犬小屋を撤去して新しく木製の小屋をつくり、格子の位置や扉の開く方向など細かく打ち合わせさせていただきました。また小屋の下は掃除しやすいように排水のことも考慮してコンクリートにしたのですが、真夏はその場所がワンちゃんにとって一番ひんやりと快適な場所のようです。
植栽は大きくなり過ぎた木を撤去して新たに配植しました。芝生のスペースを広く取るため、玄関へのアプローチもつくり直し、全体が明るい印象になりました。
光、風、緑を感じる心地よいお庭の完成です。

小屋の裏側は縦格子になっていて室内からもよく見えるようになっています。

ウッドデッキからみた犬小屋

ペット用のシャワー水栓も設置しました。お散歩の後、足を洗うのに便利です。

ペット用のシャワー水栓

玄関側から眺めるお庭。光、風、緑を感じる心地よいお庭です。

玄関側から眺める庭

担当スタッフのコメント

今回で3度目のリフォームをご依頼いただいたS様ですが、今回初めてお庭のリフォームを
させていただきました。(その前の2度はいずれも車庫に関するリフォームでした。)
玄関アプローチまわりのお庭の改造でしたが、何といってもその中心にいたのが、ワンちゃんでした。

実はS様は長年飼われていたゴールデンレトリバーを亡くされたばかりで、
その傷心の中、家族皆さんで時間を掛けて話し合われた結果、
「やはりもう一度ワンちゃんを飼いたい、それもやっぱりゴールデンがいい」
ということに落ち着かれました。
そして、こんど来るワンちゃんのために、どんなカタチで迎え入れようか、どのように一緒に暮らそうか、
ご家族全員でこれもまた時間を掛けて話し合われて参りました。
その一部始終のお話をお聞きしながら、ごいっしょに考えさせていただいたからこそ、
今回のリフォームは、より私たちの心にも思い出深いものとなりました。

S様、今回はこの大切な空間づくりに参加させていただき、本当にありがとうございます。
そして、これからもワンちゃんと一緒に大切な時間をお過ごしください。

お問い合わせ このページのトップへ