豊橋市 北欧風の外構

外構リフォームとは、新たなテーマが与えられ生まれ変わること。

施工前の様子。エントランスは門や塀で囲われていました。

施工前

塀や門を撤去してオープンな外構へリフォーム。

施工後1

元々塀があった部分に1台分の駐車スペースを増設出来ました。

施工後2

コンセプト

天然木製のおしゃれな門柱。素材やアイテムで演出する北欧風の素敵な外構が完成しました。 既存の塀や門扉を撤去して駐車スペースを拡げた事例のご紹介です。
木製の素敵なガレージが印象的な豊橋市のT様邸。
お施主様から「北欧風にしたい」とのご要望をいただきました。
インテリアや家具などで「北欧風」と聞くと沢山イメージは湧きますが、実際に「北欧風って何だろう?」と考えてみた時そこにあるのは「シンプルで大人っぽいけど、どこか可愛らしくて温かいデザイン」でした。
そこで今回はメインの門柱を天然木でご提案。耐久性の高いエコアコールウッドを使用しました。既存のガレージと色を合わせて、外構全体に統一感が感じられるようになり、木のぬくもりが温かい雰囲気で迎えてくれます。
アプローチにはヨーロッパで実際に使われていたアンティークの石を敷きました。他の素材にはない不揃いなサイズや色には何とも言えない趣があります。
また、玄関ポーチもタイルを貼り替えてすっきりとモダンな印象に。そのサイドにはユニークな形が目を惹くフィンランド製のポストBobiを設置。丸みのあるデザインで可愛らしさが感じられます。照明は全体のバランスを見て甘くなり過ぎないようシンプルなものを選びました。
そして植栽も欠かせません。門柱のオールナット色に鮮やかな緑が映えます。奥の常緑ヤマボウシはたくさんの実をつけていました。

・天然木/エコアコールウッド(色:オールナット)
・植栽/常緑ヤマボウシ、マホニアコンフーサ

一直線の動線も門柱とポストの配置を工夫して奥行感のあるアプローチに。

木製の門柱と北欧のポスト

ヨーロッパのアンティーク石を使用したアプローチ。他の素材にはないこの不揃いなサイズや色幅が、温かくて可愛らしいんです。

石畳のアプローチ

玄関ポーチもタイルを貼り替えてきれいになりました。

玄関ポーチ

常緑ヤマボウシ。たくさんの赤い実が目を楽しませてくれます。

常緑ヤマボウシ

担当スタッフのコメント

いわゆるクローズ仕様の外構をオープンな外構に変えて、
カースペースを広げるというリフォームでしたが、
T様のお好みのセンスを取り入れることで、
新たに素敵なエントランス空間へ生まれ変わりました。

とてもナチュラルで、気品のある可愛らしさ。やさしくてあたたかい。
それは、お選びいただいたアイテムや素材の組み合わせ方、色の合わせ方、
何気なくそれでいて細部にこだわりを持ったシンプル、
それらがうまく呼応して、この雰囲気を出せたと思います。

外構のリフォームは、必要に迫られてご計画されることも多く、
そのため機能重視的になりがちです。
しかし少しデザインを加えたり、テーマを与えられることで、
こんなにも素敵に生まれ変わるのです!
そのためにはどんなご要望にもお応えできるよう、
私たちも日々備えなければなりません。

T様と出会ったことで、私たちもまた新たな学びを得ることが出来ました。
T様、この度は本当にありがとうございました。
これからも宜しくお願いいたします。

お問い合わせ このページのトップへ