3台分の駐車場デザイン

高低差のある南向き外構。すべてを無駄なくレイアウトすること。

外構の全景。直線的なラインを活かしたモダンなデザインです。

外構の全景

駐車場は使いやすいよう全面にコンクリートを打ちました。

駐車場

アプローチはユニソンの「カッシア」を敷き詰めて石畳風に。

石畳のようなアプローチ

コンセプト

ヘーベルハウスの住宅を新築された豊橋市のN様。3台分の駐車場や門周り、そしてお庭を含めたエクステリア全体の工事をご依頼いただきました。
3台分の駐車場はシンプルなデザインですが、間口にあまり余裕がない駐車場の場合はこのレンガで施したガイドラインがとても役に立ちます。また全面を舗装したことで雑草が生える心配もなくメンテナンスフリーになりました。
そして玄関までは石畳風の素材を使った温かい雰囲気のアプローチが導きます。玄関とアプローチの高低差があるために背が高くなってしまう門柱は、斜めにカットしてボリュームを抑え全体のバランスを考えました。

お庭はウッドデッキを全面に設置したことがポイントで、広々と有効的に使えるスペースとなりました。また木目調の目隠しフェンスを設置したことにより、道路からの視線をあまり気にすることなく過ごすことが出来ます。植栽はあまりスペースを確保することが出来なかったのですが、シンボルツリーを1本植えさせていただき、室内からの眺めも、外観も、ナチュラルで素敵に仕上がりました。

シンプルな門柱は表札やポストのアイテムでスタイリッシュに!

門柱

シンボルツリーは常緑樹のシマトネリコ。ちょうど窓から見える軽やかな葉が爽やかです。

シンボルツリー

人工木のウッドデッキは三協アルミ「ひとと木2」。

ウッドデッキ

ウッドデッキからの眺めは、シンボルツリーと道路沿いの木々がとてもきれいに見えます。

ウッドデッキからの眺め

N様のご要望により2色の化粧ブロックを使って、土留めもお洒落になりました。

化粧ブロック

担当スタッフのコメント

敷地を有効にかつ無駄なく利用することはなかなか実現できないものですが、
N様のプランを考えた時は正にそういったところを意識して描いていました。
南面道路の外構は、外構の機能要素がすべて集中するので、そういったことがとても大事です。
どうでしょうか、我ながらうまくコンパクトにまとめられたと思います。
特にデッキは限られた庭いっぱいのスペースを使ったことで、とても使いやすい庭になったと思います。
また、「出来ればシンボルツリー1本でもいいからグリーンを入れて欲しい」というN様のご希望にも
なんとかお応え出来て、ほんとうに良かったと思います。
きっと、その爽やかな緑が、お住まい全体に瑞々しさを与えてくれることでしょう。

N様、この度は本当にありがとうございました!
いつもお忙しい日々をお過ごしでしょうが、たまにはぜひデッキに出て、
自然の風と触れあいながら、くつろぎの時間をお過ごしください。

お問い合わせ このページのトップへ