自然石のアプローチと芝生の庭

夕立の後の石の匂いや涼感を知る。エクステリアに自然石を使いたくなる理由。

施工前の様子。砂利が敷いてある状態でした。

施工前のアプローチ

施工後の様子。砂岩の乱貼りによる温かみのあるアプローチが玄関へと導きます。

施工後のアプローチ

乾いている状態の砂岩はこの様な色合いです。その横の芝生には車を置く事があるので諏訪鉄平石を所々に据えました。

芝生と諏訪鉄平石(大判)

コンセプト

自然石(砂岩)の乱貼りによるアプローチ 芝生と自然石を使ってデザインしたオープン外構の事例です。
2台用の駐車スペースを兼ねたフロントヤードは大きな弧を描くアプローチが緩やかに玄関へと導きます。ここに使用した自然石の「砂岩」は植栽や芝の緑との相性も良く、表情豊かに訪れる人の目を楽しませてくれます。
新たに設けた玄関横の石積みやシンボルツリーにより、全体に奥行き感が生まれました。また、芝生の奥にはさらに2台用の駐車スペースがあり、こちらはエントランスとは違った雰囲気にしたいとのご要望を頂きましたので、枕木とチャート石を敷き詰めて自然な雰囲気に仕上げました。
元々あった川砂利や花壇の縁取りに使われていた庭石などは据え直すことで再利用しながら施工させて頂き、道路際の古い塀も表面を塗り直し部分的に石貼りを施すことでとても綺麗になりました。

メンテナンスフリーの庭が好まれがちな今、
こちらの現場はお施主様のご要望によりほぼ植栽と自然石のみで仕上げています。
今回は落ち着いたアースカラーの色合いで、様々な建物に合わせやすい石を選びました。普段乾いている時はマットな表情なので、そこに潤いのある緑が加わるとより石の温かみが引き立ちます。また、雨の日には木々の葉が輝き、石たちはそれぞれ色濃く豊かな表情に変化し庭全体が潤いに満ち溢れます。
この変化とそこから感じられる「自然」こそが他の素材にはない石の魅力だと思います。

エントランスにはお洒落なポール灯を設置しました。

ポール灯

玄関横の石積みは気良石を使用しています。塗り壁よりも重厚感があり、雨に濡れた時の表情の変化も素敵です。

玄関横の石積み

石積みの裏側。足元には日陰でもよく育つギボウシを植えました。

石積みの裏側

施工前の駐車場

施工前の駐車場

施工後の駐車場。エントランスと同じ砂岩のアプローチで導き、その奥を枕木とチャート石で仕上げました。

施工後の駐車場

建物際や隣地側の花壇は一部の石を据え直しました。そこに新たな木を加えたり既存の樹木を剪定するなどして、以前よりすっきりとした印象になりました。

駐車場の全景

施工前の道路境界の塀です。

施工前の塀

既存の塀を残し、その上から部分的に自然石を貼ったりベルアートで塗装してリフォームしました。

自然石を貼ってリフォームした塀

塀の笠木にも砂岩を使用しました。

塀の笠木

担当スタッフのコメント

T様邸では外構とお庭の両方をリフォームをさせて頂きました。
お庭の様子やスタッフのコメントはこちらをご覧ください。
「風に揺れる木漏れ日をデザイン。めざしたのは自然とともに暮らすこと。」

お問い合わせ このページのトップへ