エクステリア明日香|豊橋市 外構・庭の専門店

刈り込んだ、枯れ草の始末

2015年11月21日

消防署の許可を頂いて、刈り込んだ草達を、ガーデンの中の大きな炉で、燃やしつけます。
P1110470
此れもコツが有り、種火を起こすのに苦労します。生の草が有り、うっかりすると消えてしまいます。下の方に空気を入れながら、ゆっくり、気長に燃やしつけます。
全部、燃え尽きるのは、夕方、とっぷり迄かかり、一人付ききりの作業です。
でも、ほっこり焼けた、焼き芋は、とっても美味しかったですよ。

此の炉は、直径1.8M程あり、大きな石で組み、枕木のテラスの中に作りました。
此の炉の作り方も、意外に難しく、側面から、空気が入るように組んでいきます。
組み方によって、燃え方も違ってきます。
焚火を囲み、夏のキャンプフャイヤー等は、とても楽しい時間です。
此の炉も色々な利用をして、重宝しています。

夕方のガーデンに、たなびく煙は、のどかな秋の風景で、昔を思い出します。
P1110474 

次回は、すっかり、初冬の景色で迎えてくれる事でしょう!

お問い合わせ このページのトップへ