エクステリア明日香|豊橋市 外構・庭の専門店

銀龍草

2011年6月26日

2011_06230005

先日、設計の伊藤君が、売木小屋の裏に数箇所、点在している池で‘森あおガエル‘の卵を採集に行った際、松林の中で、銀龍草を見つけて、珍しいその姿を始めて見たとの事。

私達も、1週間後に行った所、まだ、その姿は存在していました。以前に見つけた時は、名も分からないまま、不思議な姿に、早々に立ち去った事を覚えています。今回は銀龍草と教えて貰い、ネットで調べてみると、‘ゆうれい茸‘とも言われていて、葉緑素が無い植物との事。一見、菌で繁殖する、きのこの様な雰囲気をしている、此の草は、全体が真っ白で、花が下向きに咲いていて、何と美しい妖精のような姿です。
夢中になり、レジカメを、地面につける様に撮っている時、側に私の一番嫌いな、うるしの木が沢山生えているのに気が付き、もう、遅かりしで、その夜、顔のあちこち、目尻、ほほ、耳たぶ、鼻とかぶれて腫れ、痒みとで大変!
此の時期、新芽が出揃う頃、樹精が強く危険な時で、又その日は雨模様で、水分が多く、かぶれの条件が揃っていた様です。
大変なおみやげを、頂きました。

お問い合わせ このページのトップへ