エクステリア明日香|豊橋市 外構・庭の専門店

新緑と乗鞍の残雪

2009年5月13日

P1020640

P1020644

今日は行楽の日。朝早くに飯田から中央道へ車を走らせて、松本で高速を降り、158号線を上高地方面へ、平湯温泉へ向かっての道中は、それは見事な新緑で、山全体が緑のグラデーションに彩られて、”すばらしい”の一言に尽きます.行けども,行けども両サイドは薄緑の壁に包まれて、山深くに続いています。
上高地を通過して安房トンネルを抜けると直ぐに平湯温泉があり、”ひらゆの森”の日帰り温泉で一休み。500円で入湯できて、温泉の質は硫黄泉で豊富な湯量は内風呂はもちろん、9箇所の露天風呂にそれぞれ湯の色が違ったり、温度差があり変化に富んだお湯です。全部つかると身体がふやける位温まります。温泉好きにはたまらないですね。食事処で昼食を済ませて、午後からは残雪の乗鞍を目指して走り、単独峰の美しい峰には中腹迄雪が残っていて、下方は新緑の白樺林の下には水芭蕉が白衣をつけてせせらぎに咲いている様は、まるで別世界にいる様な美しさです。
今日は時間がないですが、次の機会にはじっくりと絵を描いてみたいと思います。
乗鞍を後に、これより”上高地、乗鞍林道”へ車を走らせて峠から左手に乗鞍右手にアルプスを眺めて上からの景色も最高です。林道を進み今度は又単独峰の御岳を前方に見ながら、19号線の木曽福島へ出て左手に木曽駒を見ながら、256号から153号線へ出て売木の帰途につきました。
今日は残雪の山々を眺めてのすばらしい1日で、大満足でした。

お問い合わせ このページのトップへ