豊川市 K様邸 ウッドデッキと人工芝

2017年7月10日

豊川市K様邸のお庭では人工木ウッドデッキと人工芝の工事が完了しました。

豊川市 庭 人工芝を貼っています。
人工芝の工事の中でとても重要なのが下地づくりです。
土の上にただ人工芝を置いていくのではなく、凹凸をなくし、水はけなど色々と考えて施工しています。下地をしっかりつくらないと仕上がりも良くなく、人工芝も長持ちしなかったりします。
設置場所などにもよりますが、どのメーカーさんも大体10年程で芝が擦り減ってくるので貼り替えが必要とのことです。

豊川市 庭 人工芝をピンで止めていきます。豊川市 庭 人工芝貼り完了しました。
施工後、K様には「こんなに綺麗になるなんて」と大変喜んでいただくことが出来ました。
K様この度はありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

ウッドデッキも芝生も人工と天然があり、今回はどちらも人工のタイプでしたが明日香ではお客様のご希望に合わせてどちらも施工させていただいています。
それぞれメリット、デメリットがありますし、価格も違ってきます。
又、人工木のウッドデッキは種類も増えてより天然木に近い木彫タイプやタイルデッキなども出てきています。
天然木も「腐る」というイメージをお持ちの方が多いですが、最近は15~20年以上もつ耐久性の高いハードウッドや腐りにくい処理をした木材も出てきています。
芝もデッキもサンプルを取り揃えてありますので、ご来店の際はぜひご覧ください。

お問い合わせ このページのトップへ